【ブログ開設】初心者向けブログの始め方・手順・解説|まずはスタートに立ってみよう!

ブログ開設

 

ブログやってみたい!

でも、何から始めたらいいのかわかりません。

 

まさに筆者の私がそうでした。

 

ブログ開設しようとするにも何から手を付けて良いのか全く分からず、調べる⇒試す⇒上手くいかない⇒戻る

 

この繰り返しで、時間も費用も無駄が多くとっても遠回り。この記事ではなるべく費用や時間をかけない手順や方法についてご紹介します。

 

こんな人におススメの記事

  • まず何から始めたらいいのかわからない
  • とにかくスタートに立ちたい
  • 途中で挫折したくない

 

筆者は失敗するのが怖くて動作ごとにスクリーンショットを残していたので、その画像を使いながら解説しています。

 

同時に手を動かしていけば自動的にブログ開設できるようになっています。

ぜひチャレンジしてみてください。

 

スポンサーリンク

初心者向けブログの始め方

ブログ開設の流れ

まず、ブログ開設の流れを簡単に説明します。

以上4ステップです。よくわからない言葉がたくさんできてきますが、この後詳しく解説していきます。

 

ブログ開設までの所要時間

ブログ始めるのどれくらい時間がかかりますか?

 

スムーズに進めていけば1時間くらいで完了します。

 

筆者は2日くらいかかりました。

 

ブログ開設の費用

ブログ始めるのにお金は掛かりますか?

 

ブログ開設には費用が掛かります。無料ではできません。初期費用として最安で7000円~8000円は覚悟してください。

 

この段階で「お金かかるならイヤだ」「無料だと思ってた」と思う人は、無料の方法もありますので、別で調べてみてください。

 

ちなみに、無料の方法もありますが広告等により収益化を図ることは難しいです。

 

それではさっそく手順ごとに細かく説明していきます。

 

その1.レンタルサーバーを契約する

▲その1.レンタルサーバーを契約する

 

まず最初のステップです。レンタルサーバーを契約しましょう。

レンタルサーバーとはウェブ上の土地のようなものです。その土地をレンタルして建物(ブログ)を建てていくのです。

 

ブログを運営している人の多くが使っているエックスサーバーというブログ用のレンタルサーバーを使います。

 

エックスサーバーは多くのブロガーに一番支持されているレンタルサーバーの会社です。一番有名どころを選択すれば間違いありません。

エックスサーバーの公式サイト

 

 

レンタルサーバー契約の手順

それではさっそく手順を解説していきます。

 

レンタルサーバーの開設は4ステップです。

 

公式サイトとこの記事を両方見ながら進めて行けば簡単に開設できます。スマホでもできますよ。

 

①サーバーの申込みをする

まず初めに、エックスサーバーの公式サイトを開きます。

エックスサーバーの公式サイト

 

▲サイト内の中央にある「お申込みはこちら」をクリックして申込みを開始します。

 

お申込みフォームが出てきます。

▲左側の「10日間無料お試し 新規お申し込み」をクリック。

 

申込フォームが出てきますので、メールアドレスや個人情報をすべて記入します。いくつか選択が必要な箇所があるので注意してください。

▲必要な個所に漏れなく入力します。
  • サーバーIDは後から変更できません。
  • プランは「X10プラン」を選択してください。
  • 登録区分は「個人」を選択してください。
  • 電話番号は本人認証があるのでご自身の携帯番号を登録してください。

②メールを受け取る

申し込みが完了すると、登録したメールアドレスに「申し込み受付」のメールが届きますので確認しましょう。

▲「お申し込み受付のおしらせ」メールが届きます。

届かない場合は迷惑フォルダに入っている可能性があります。

 

約15分ほどで「サーバーアカウント設定完了」のメールが届くので確認しましょう。

▲「サーバーアカウント設定完了」のメールが届きます。

 

このサーバーアカウント設定完了のメールには「①ユーザーアカウント情報」「②サーバーアカウント情報非常に重要な内容が含まれていますので大事に保管しましょう。

この2通のメールが届いたら準備完了です。

▲①ユーザーアカウント情報

 

▲②サーバーアカウント情報

 

 

③エックスサーバーにログイン

メールに書いてある「会員IDまたはメールアドレス」と「Xserverアカウントパスワード(インフォパネルパスワード)」でログインしましょう。

 

▲トップページの右上のログインボタンからログインします

 

▲「Xserverアカウント(旧インフォパネル)」を選択します。

 

▲メールに届いた情報を入力します。
・「会員IDまたはメールアドレス」を入力
・「Xserverアカウントパスワード(インフォパネルパスワード)」を入力

 

▲メールのこの部分を入力します

 

タツ
タツ

ログインできましたか?

ログイン画面はブックマークしておくと便利ですよ!

 

④サーバー料金の支払設定

エックスサーバーは10日間の無料期間があるのですでに使える状況になっています。10日でブログを辞めてしまう人以外は支払い設定を済ませましょう

 

ここで支払い設定をしない場合、せっかく作ったブログが10日後に消えてしまいますのでご注意ください。

 

ログイン後の画面から支払い設定に進みます。

▲ログイン後の画面の左下にある「料金のお支払い」を選択します。

 

登録しているサーバーが表示されます。

▲さきほど登録したサーバーIDの左側にチェック契約月数を選択して支払い方法を選びます。

契約月数はどれを選ぶ?

  • 長期間で契約するほど月あたりの金額が安くなります。
  • オススメは「12か月」です。
  • とりあえず最小コストで始めたいという方は「3か月」を選択してください。

 

▲契約月数ごとの料金表です。(長い期間の契約ほど月単価が割安になります)

 

次は、支払方法を選択します。銀行支払やコンビニ支払いも選べますが、次回の更新の際に手間の掛からないクレジットカード決済がオススメです。

▲支払い方法を選択します。

 

ご自身でお持ちのクレジットカード情報を入力してください。

▲クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力して「カードでのお支払い(確認)」を押しましょう。

 

▲料金の支払い完了を確認しましょう。

 

以上で「その1.レンタルサーバーを契約する」が完了です。

 

その2.「.com」「.jp」など独自ドメインを取得する

▲その2..com」「.jp」など独自ドメインを取得する

 

次のステップです。ブログ用の独自ドメインを取得しましょう。

独自ドメインとはウェブ上の土地の住所のようなものです。最初にレンタルした土地に住所を取得します。例えばこのブログであれば「tatsutabi.com」のようなアドレスを指します。

 

レンタルサーバーで使用したエックスサーバーと同系列のエックスドメインというサービスを使います。エックスドメインも多くのブロガーに支持されています。

 

こちらもサーバー契約と同じように公式サイトを開いて進めて行きましょう。エックスドメイン公式サイト

 

独自ドメイン取得の手順

それでは手順を解説してきます。

 

独自ドメインを取得する手順は2ステップです。

 

①希望のドメイン名を決める

まず、エックスドメインの公式サイトを開きます。

▲エックスサーバーと似たページですが、左上が「Xdomain」となっているのを確認しましょう。

 

ここではブログの顔となる「https://■■■.〇〇〇」の■■■と〇〇〇の部分を決めていきます。

▲「取得したいドメインを入力してください」と書いてある入力欄に、使用したいドメイン名を入力します。

 

このドメイン名はブログ開設すると変更はできません。ドメイン名の「■■■.」はブログタイトルと合わるのがベストです。このブログでもタイトルの「タツタビ」とドメインの「tatsutabi」を合わせています。

 

▲自分のサイトに合うようなドメイン名をアルファベットで入力しましょう。
検索ボタンを押すと「使用可能なドメイン」と既に誰かに使われていて「使用できないドメイン」が一覧で表示されます。

▲取得可能なドメイン名を確認しましょう。

 

同じ住所は存在できないので、このブログのドメインで既に「tatsutabi.com」を使っているので×取得できません。となります。

 

使いたいドメイン名をいくつか試してみて、自分の作りたいブログに合うものを決めましょう。

 

▲使用したい「.〇〇〇」にチェックを入れて取得手続きに進みましょう。

 

「.〇〇〇」は何を選べばいいの?
おススメは「.com」と「.net」です。非常に多く利用されているので覚えやすく安心感があります。性能の差はありませんが、見たことないドメイン名はなんとなく安っぽく見えるので避けた方が賢明です。
ちなみに「.jp」は法人ページのイメージが強いのあまり好ましくない上に高価ですので避けましょう。

②ドメインの契約をする

ドメイン名が決まれば、契約のステップに進みます。

 

アカウント登録画面が出てきますが、ここで新しくアカウント登録する必要はありません。

▲「その1.レンタルサーバーを契約する」で登録したエックスサーバーと同じアカウントを入力します。

※忘れてしまった場合は、受信しているメールを確認しましょう

 

ログインが完了するとお支払い情報の入力画面に進みます。

▲選択したドメイン名と金額に間違いないか確認しましょう。

 

次に支払い方法を選びましょう。クレジットカード、銀行、コンビニなどが選べますが、クレジットカードがオススメです。

▲クレジットカード番号、有効期限、セキュリティコードを入力しましょう。

 

▲利用規約に同意し「申し込む」ボタンを押しましょう。

 

以上で「その2..com」「.jp」など独自ドメインを取得する」が完了です。

 

その3.WordPressをサーバーにインストールする

その3.Wordpress(ワードプレス)をサーバーにインストールする

 

これが終了すればゴールは目前です。Wordpress(ワードプレス)をサーバーにインストールしていきましょう。

 

WordPress(ワードプレス)とは、土地に建物(ブログ)を建てるための便利工具セットのようなものです。プログラミングなどの専門知識が無くても、文章や画像を使ってブログを作ることができる無料サービスです。

 

ブログを書いてWeb上に公開できるのもこのワードプレスがあるからです。テンプレートやお助け機能がたくさんあるので、多くのブロガーが愛用しています。

 

ワードプレスをインストールする手順

ワードプレスをサーバーにインストールする手順を解説していきます。

 

①サーバーパネルにログインする

まず、エックスサーバー公式サイトを開きます。ブックマークしておくと便利です。

 

エックスサーバーのメインページから「サーバーパネル」へログインをしましょう。

▲「ログイン」タブの中の「サーバーパネル」を選びます

 

次に「サーバーパネル」へログインをします。

 

エックスサーバー」の「②サーバーアカウント情報」が通知された時のメールを確認しましょう。

▲②サーバーアカウント情報

「①ユーザーアカウント情報」ではないので注意して下さい。

 

▲「サーバーID」と「サーバーパネルパスワード」を入力してログインします。

 

 

このページが開けばログイン完了です。

▲サーバーパネルのトップ画面であることを確認しましょう。

 

②ドメインを設定する

ここでは「エックスサーバー」と「エックスドメイン」を紐づけをします。土地と住所を適合させます。

 

サーバーパネルから「ドメイン設定」を行っていきます。

▲右上の「ドメイン」欄の「ドメイン設定」を選びます。

 

作成した独自ドメインを追加します。

▲「ドメイン設定追加」のタブをクリックしましょう。

 

▲取得した「ドメイン」を記入しましょう。もし作成したドメインが「tatutabi.com」であれば、ドットも忘れずに全て入力して確認画面に進みます。
▲「無料独自SSLを利用する」と「高速化・アクセス数拡張機能」はチェックしたままにします。

 

以上で紐づけ作業は終了です。

 

設定したドメインがサーバーへ紐付きが完了するまでに最大で1時間ほどかかります。この先の作業は紐づけの完了を待たずに進めても問題ありません。

 

③ワードプレスをインストールする

ワードプレスをインストールしていきます。

 

まずは、エックスサーバーからサーバーパネルにログインします。

▲「ログイン」タブの中の「サーバーパネル」を選びます

 

ワードプレスの設定を進めていきます。

▲「WordPress簡単インストール」を選びましょう。

 

ドメイン選択画面が出てきますので、登録されているドメイン「選択する」をクリックしましょう。取得した独自ドメインが1つだけが表示されているはずです。

▲取得したドメイン名であることを確認して「選択する」を選びます。

 

インストール済みのWordPress一覧」のタブと「WordPressインストール」のタブが表示されます。

▲「WordPressインストール」を選びます。

 

WordPressインストール」に必要な事項の入力画面に移行します。

▲この画面では下記の項目を記入します。
  • サイトURLは空欄にします。
  • ①ブログ名は後から変更可能なの暫定の名前で入力します。
  • ②ユーザー名を設定します。WordPressへのログインで利用しますので忘れないでください。
  • ③パスワードを設定します。WordPressへのログインで利用しますので忘れないでください。
  • ④メールアドレスは通知を受け取れるメールアドレスを設定してください。
  • キャッシュ自動削除は「ONにする」にチェックをしてください。(そのまま)
  • データベースは「自動でデータベースを生成する」にチェックをしてください。(そのまま)

すべて記入してから「確認画面へ進む」で次に進みましょう。

 

以下の内容でWordPressをインストールしますか?」と表示されますので、もう一度内容を確認しましょう。

 

一番下に赤字でインストールを行うと、インストール先ディレクトリ内の「index.html」が削除されます。ご注意下さいと表示されます。問題ありませんので続けて「インストールする」を選びます。

「MySQLデータベース名」「MySQLユーザー名」「MySQLパスワード」は無視して大丈夫です。

 

これでワードプレスのインストールは完了です。必要な情報を確認しましょう。

▲この情報はWordPressへのログインへ必要な情報が記載されていますので、メモ等しっかり残しておきましょう。

 

管理画面URLは「ブックマーク」しておくと便利です。

 

これでサーバー、ドメイン、WordPressの下準備が完了です。ここで約9割終了です。

 

④ドメインが有効になっていることを確認する

取得した独自ドメインが有効になっていることを確認しましょう。

 

ここまでノンストップで作業してきている場合は、ドメインが有効になっていないと思います。最大で約1時間ほど掛かります。

設定したドメインがサーバーへ紐付きが完了するまでに最大で1時間ほどかかります。この先の作業は紐づけの完了を待たずに進めても問題ありません。

 

それでは有効になっているか確認してみます。ワードプレスインストール完了画面の「サイトURL」を確認します。

▲ワードプレスインストール完了画面またはブックマークした「サイトURL」を選びます。

 

無効なURLです」と表示された場合はまで紐づけが完了していません。エラーではありませんので設定が完了するまで気長に待ちましょう。

 

Hello world!」と表示されたの画面が出れば設定完了です。

 

最後に、ワードプレスとは直接関係ありませんが、ブログ開設に必要な設定があるので進めていきます。

 

⑤.htaccessを設定する

最後に1つだけブログ開設に必要な設定を行います。

 

このブログは「https://tatsutabi.com」がアクセスするアドレスです。この設定を行うことで「s」が付いていない「http://tatsutabi.com」でアクセスした場合にもアクセスできるようにします。

 

それでは、さっそく設定してみましょう。

 

まず、エックスサーバー公式サイトから「サーバーパネル」にログインします。そして「.htaccess編集」を選択しましょう。

▲中段にあるホームページの欄の中の「.htaccess編集」を選択します

 

▲設定する独自ドメインを確認して「選択する」を選びます。

 

.htaccessの編集画面になります。「上級者向けの機能です」と出てきますが問題ありません。

▲「.htaccess編集」のタブを選びます。

 

アルファベットと数字が羅列が表示されます。ここに手を加えていきます。

▲アルファベットと数字の羅列を全選択してコピーしましょう。万が一消えてしまった時のためにメモ帳などに保存します。

 

失敗してしまった場合のリカバーのためです。このコピー作業で失敗してしまった場合は、保存せずに戻って初めからやり直してみましょう。

 

次に、下のコードをコピーして一番上の部分に貼り付けます。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>

 

一番上にスペースをいれて、そのまま張り付けましょう。

▲一番上にそのままコピペします。他のアルファベットと数字の羅列は絶対に触らないでください。

 

▲「確認画面へ進む」を選びます。

 

▲コピペしたコードが一番上に挿入されていることを確認して「実行する」を選びます

 

変更した後にもう一度ワードプレス管理画面を確認してください。引き続き「Hello world!」の画面がでれば完了です。

 

万が一「Hello world!」の画面が出ない場合、間違えて何かコードを消したり、追加のコードを貼る場所を間違ったりしています。もう一度戻ってコードを元に戻してやり直してください。

 

この方法は公式サイトのページでも紹介されています。

 

以上で「その3.Wordpress(ワードプレス)をサーバーにインストールする」が完了です。

その4.記事を書く

▲その4.記事を書く

 

いよいよスタート地点は目前です。実際に記事を書いてみましょう。

 

記事を書くまでの手順

実際に記事を書くまでの手順を解説していきます。記事の書き方の手順ではありません。

 

①ワードプレスにログインする

「管理画面URL」にアクセスしましょう。

 

管理画面URL」は「WordPress簡単インストール」の設定完了画面で確認することができます。

▲「管理画面URL」からワードプレスのページにアクセスします。

 

管理URLは「ブログのURL(○○○.〇〇〇)」の後ろに「/wp-admin」を付けるだけです。このブログの場合は「https://tatsutabi.com/wp-admin」になります。

 

このログイン画面が表示されます。(「ログアウトしました。」は表示されません)

▲ワードプレスのログイン画面が表示されたことを確認しましょう。

 

ワードプレスにログインしましょう。

▲「WordPress簡単インストール」で設定した「ユーザー名」と「パスワード」でログインしましょう。①ユーザー名、②パスワードを入力します。
「ログイン状態を保存する」にチェックを入れておくと次回以降、自動的にログインできますが、セキュリテイの観点でチェックを入れるのはあまりオススメではありません。

 

ログインするダッシュボード画面が表示されます。(スクリーンショットが残っていませんでした)「WordPressへようこそ!」と出ればOKです。

▲ワードプレスのダッシュボード画面が表示されていることを確認しましょう。

 

②記事を書いてみる

WordPressはデザインやレイアウトなど様々な設定ができますが、とにかくブログ開設のスタートラインとして記事を書く場面まで解説します。

 

記事を書くページに進んでみましょう。

▲左端の一覧「投稿」から「新規追加」を選びます。

 

実際に記事を書くページが表示されます。おめでとうございます!ここがブログ開設のスタートラインです!

▲ブログ記事投稿画面が表示されたことを確認しましょう。

 

実際に、タイトルと本文に適当に文字を入れて、右上の「公開」をクリックしてみましょう。タイトル「ああああ」、本文「いいい」でも大丈夫です。きっと誰も見ていません。

▲「公開」を選びます。

 

これでブログ開設、さらに記事の投稿まで完了です。

 

以上で「その4.記事を書く」が完了です。

最後に

タツ
タツ

お疲れ様でした。

 

ここまでノンストップで進めてきた方は、ひとまずお疲れ様でした。

 

慣れないことで少々疲れたではないでしょうか。筆者も開設までにどっと体力をつかいました。

 

ブログをこれから継続して進めていくには、デザインやレイアウト設定、記事の書き方など、まだまだやることはたくさんあります

 

しかし、今日でブロガーとしてのスタートラインに立てたことは事実です。まずは0から1踏み出すことに大きな意味があります。

 

ひとまず最後まで読んでみて出来そうだなと思った方は、ぜひ最初に戻って一歩を踏み出してみてください。

 

非常に長い説明になってしまいましたが、ここまで読んでいただきありがとうございました。誰かの背中を押すことが出来たのであればうれしい限りです。

 

各リンク

エックスサーバーの公式サイト

エックスドメイン公式サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました