お得なきっぷ「東京メトロ24時間券」をご紹介|東京メトロ

旅ネタ

タツ
タツ

こんにちは、タツです。

 

 東京都内観光したいけど交通費が気になる。

 

たくさん行きたいところあるのに、もっとお得な方法はないの?

 

東京都内は電車、バス、タクシーなど様々なの交通網があらゆるところまで張り巡らされています。

 

便利な一方、一日中たっぷり観光するとあっという間に1000円、2000円超えていた!

 

なんて経験はありませんでしょうか。

 

今回ご紹介するのが「東京メトロ24時間券」です

スポンサーリンク

「東京メトロ24時間券」とは

使用開始から24時間、東京メトロ全9路線が乗り降り自由となります。

東京メトロ24時間券公式HPを見る

観光やお買い物、ビジネスでも使えるとても得なきっぷです。

・発売金額  大人600円 小児300円

・発売箇所

  【前売券】東京メトロ定期券うりば

  【当日券】東京メトロ線各駅の券売機 ・有効区間 東京メトロ全線

・払戻し 有効期限内で使用開始前のものに限る 手数料220円

前売り券と当日券でデザインが異なります。

乗り降り自由な東京メトロ9路線

・銀座線

・丸の内線

・日比谷線

・東西線

・千代田線

・有楽町線

・半蔵門線

・南北線

・副都心線

 

 

このきっぷの特徴

 

一般的にフリーパスと言われるものは、一日乗り放題や三日間フリーパスなどの日付単位です。

 

この24時間きっぷはその名のとおり、利用開始してから次の日の同じ時刻まで利用ができます

 

例えば、夜19時に飛行機や新幹線で東京に到着した人が1日券を購入した場合、終電まで乗り続けたとしても5~6時間程度でそのきっぷの効力は切れてしまいます。

 

一方、この24時間きっぷの場合、翌日の夜19時まで利用可能です。

 

ホテルに泊まって、翌日も利用できるので、日付を跨いでの東京観光が可能です。

 

24時間きっぷのモデルルートをご紹介します

先日私が2日間かけて海外の友人3人を案内したルートをご紹介します。

1日目

【上野】アメ横商店街 ⇒銀座線⇒【銀座】銀座でお寿司 ⇒徒歩⇒【東銀座】⇒日比谷線⇒【六本木】ミッドタウン ⇒徒歩⇒【乃木坂】⇒千代田線⇒【明治神宮前】原宿竹下通り散歩⇒副都心線⇒【渋谷】スクランブル交差点で記念撮影⇒銀座線⇒【上野】

2日目

 【上野】⇒日比谷線⇒【北千住】⇒(東武線)⇒【浅草】浅草寺と仲見世食べ歩き⇒銀座線⇒【日本橋】コレド日本橋でショッピング⇒東西線⇒【九段下】靖国神社と皇居散策⇒徒歩⇒【大手町】⇒徒歩⇒【東京】⇒JR山手線⇒【上野】

※赤文字はフリーパス範囲外です。

 

見るだけでへとへとになる行程ですね。足が棒になるとはこのこと。

 

一緒に観光した3人も2日目の最後はほとんど無口になっていました。

 

これ全て込みで1人600円

 

普通にICカードやきっぷを買って乗ったら

1560円(きっぷの場合)

1515円(ICの場合) 

 

約1000円以上お得に東京観光をすることができました。

 

これは極端な例ですが、東京メトロの初乗りは165円(ICの場合)なので、4回以上乗るのであれば、フリーきっぷを買った方がお得になります。

 

さらにうれしい特典も付いてくる

東京メトロ24時間券を提示すると、東京都内のたくさんのスポットで、割引やプレゼントを受け取れたりします。

 

例えば、六義園やすみだ水族館の入場割引、飲食店などでトッピングサービスなどの特典が受けられます。

ちかとく公式HPを見る

まとめ

一日東京観光したい!

 

ビジネスでたくさん電車に乗りそう!

 

お友達を効率よく案内したい!

 

そんなあなたにピッタリのお得なきっぷです。

 

ぜひ、お得に東京観光してみてはいかがでしょうか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました